フランス・パリから始まる旅行の情報サイト。ホテル予約・チケット・カフェ・レストラン・ショッピングなどの情報をパリから発信しています。フランス旅行〜憧れのパリへのトップページへ

フランス南部・パリに住んでいた著者が、今のパリ・フランスを、現地の友人の情報からリアルタイムでお届けするフランス旅行サイト。

格安のパリのホテル

フランス旅行〜憧れのパリへホーム




格安航空券の相場と比較を見る

 格安航空券の予約と買い方


ホテルのランクと相場を知る

 ホテルの価格比較と予約


お金の持ち方を考える

 トラベラーズチェックを準備する

 クレジットカードを準備する


街でフランス語を話してみる

 使えるフランス語 初級編

 使えるフランス語 中級編

 得するフランス語 豆知識


フランス国内を移動する

 空港から市内へもいろいろ

 パリ地下鉄の乗り方

 フランス鉄道の乗り方


パリを観光する

 凱旋門・シャンゼリゼ エリア

 コンコルド広場 エリア

 オペラ座 エリア

 ルーブル美術館 エリア

 エッフェル塔 エリア

 デ・プレ エリア

 ノートルダム エリア

 バスチーユ広場

 モンマルトルの丘

 オルセー美術館

 セーヌの遊覧船で一息

パリで食事をする

 オープンカフェでまったりと

 レストラン・チョイス

パリでショッピングを楽しむ


リンクについて

お問い合わせ


パリの格安ホテル予約

ローマの格安ホテル予約

ロンドンの格安ホテル予約

上海の格安ホテル予約

香港の格安ホテル予約

ソウルの格安ホテル予約

シンガポールの格安ホテル予約

ハワイの格安ホテル予約

グアムの格安ホテル予約

バリ島の格安ホテル予約



最終更新日 :  2014年03月01日

パリ地下鉄の乗り方

パリの地下鉄は2種類あります。

パリ市交通公団(RATP)が運営するMETRO(メトロ)と
フランス国鉄(SNCF)が運営するRER(エール・ウー・エール)です。

パリ市内であれば、共通のチケットで乗換え自由です。
一回乗れば、どこまでいっても同一料金1.4ユーロです。

普通は、メトロを頻繁に使い、
RERは、 市内でも5駅以上乗るとか、便利なところ(RERの駅のそば)にいるとかいうときに、使います。

メトロの方が路線も多く、駅間隔も近いから、便利なのですが、
距離を移動するときは、RERの方が速くて便利です。

地下鉄の楽しみ方

パリの地下鉄は、列車内でも、駅の乗り換え通路内でも、
楽器の弾き語りが多いのが魅力です!

ギターはもちろんのこと、
アコーディオンを使った演奏は、音楽の都パリの情緒を感じさせてくれます。

列車の中のアコーディオンや
乗換え通路の淋しいギターの音色に出会えたら、
素敵なパリの思い出が、ひとつ増えることになります!

ぜひ、聞いてください!

メトロの地図をもらおう

メトロの駅なら、チケット購入口でほとんど手に入ります。まずは、入手しましょう。


拡大マップをダウンロードしたい人は、こちらへ

メトロの乗り方

メトロは、14路線あります。特別な呼び方はなく、数字で区別します。
これぞ、市民の足!っていうくらい網目に通っていて、使いやすいです。

メトロ1号〜1番使える!

まずは、もっとも使用頻度の高い1号線を覚えましょう。
セーヌ沿い北側を東西に結ぶ主要路線です。

それぞれの駅の内部の装飾に個性があって、オシャレ!
窓から駅を見てるだけでも、楽しいです。

凱旋門のCharle de Gaulle Etoileからシャンゼリゼ通りの真下を通り、
コンコルド広場、ルーブル美術館、Les Halles、バスチーユ広場を結んでいます。
南部へのTGVの発着駅であるリオン駅にも行けます。
最初は、この1号線を使って、地理間隔を身につけましょう。

オペラ座に行くなら、メトロ7号。

1号線の「Parais Royal」か「Chatlet」で7号に乗換えます。
オペラ座の真下が「Opera」駅ですが、「Opera」駅は、地下が大きく、ややこしい。
そんなときは、手前の「Pyramides」で降りれば、オペラ通り沿いのホテル・商店が並んだ

オペラ地区は、通称日本人街と呼ばれます。
日本食レストラン・日本書籍・JALPAK・商社オフィス・高島屋と日本人ご用達の店が多い。
「ちょっと、日本食が食べたいっ!」 というときは、どうぞ。
僕は、北海道ラーメンが好きですね。

4号線でサン・ジェルマン・デ・プレへ!

セーヌ川を渡る路線は、そんなにありません。
ちょっと、面倒ですが、デ・プレに行くには、「Chatelet」で4号に乗り換えていきましょう。

また、モンパルナスタワーがあるSNCFモンパルナス駅へも4号を使います。

9号線でエッフェル塔の見晴台へ!

6号と9号の交差する「Trocadero」広場に行くと、
真下のセーヌ川の向こうにエッフェル塔が見えます。
エッフェル塔の写真を撮るなら絶対にココっ!!

また、「Rue de la pompe」のあたりの16区は、パリの高級住宅街として
セレブなマダムが、パンを買ったりしている光景を見れます。

6号線なら、景色が楽しい!

凱旋門からセーヌ川を越えて、南部を走る6号線は、
ほとんどが、高架になっているので、上からパリの町並みを楽しめます!

セーヌ川を渡るときが、最高に素敵ですよ。
自由の女神も見れる場所です。

RERの乗り方

RERは、A線〜D線の4路線あります。
RERは、料金が統一ではない(ゾーンで区別)ので、少し気になりますが、
せっかくなので、利用してみましょう。
パリ市内なら、1.7ユーロの最低価格で乗れますから、大丈夫!!

RERは、フランス国鉄SNCFが運行しているので、列車も地下鉄メトロより大きく、
C線なら、2階建て列車が走っています。気持ちいいですよ!!
それに、最終もメトロより少し遅くまで走っています。

RER・A線で凱旋門へ!

まずは、A線。東西に走っています。
凱旋門のCharle de Gaulle Etoileから、乗換えの多い中心Chatelet(Les Halles)までが使えます。
Champs Elisesでショッピングした帰りに、A線を使ってみるのがおススメです。速いっ!

RER・B線は、南北移動に。

B線は、空港への往復で使うくらいでしょう。
Chatelet(Les Halles)から乗りましょう。

RER・C線で、セーヌ川を眺めよう!!

僕が好きなのは、C線です。
セーヌ川の南沿いを、半地下(景色が見れる)で走っています。
エッフェル塔「Champ de Mar Tour Effel」 〜オルセー美術館〜ノートルダム
と結んでいるので、 そこそこ使いやすいですね。

パリ地下鉄は危険!?被害と対策

ときどき、パリの地下鉄は危険じゃないの?という質問を受けます。
が、私の意見では、そんな危険な感じはしません。

地下鉄でおこりうる最悪の被害でも、ナイフ強盗ぐらいでしょう。
生命の危険があるわけでもなく、暴力を受けることもないですから、以下の点ぐらいを気にしましょう。

周囲を警戒しているように見せる(たまに鋭い視線で周りを見るとか)。
混雑している列車では、背負いバッグを背負わない。
あまりチンタラ歩かない。
旅行者すぎる格好をしない。

必要以上に警戒する必要はありませんが、最低限の予防だけはしましょう。

置き引き

これは、仕方ないです。置き忘れる人が、うっかりしすぎですね。
日本でも置き引きはありますから、気をつけましょう。

単独スリ

たまにしか聞かないです。
しかし、これも日本でもありますから、気をつけましょう。
混雑している車両は、注意しましょう。

複数スリ

旅行ガイドに載っている手口です。
しかし、ほとんど被害は聞きません。

被害例としては、スラれた直後にスラれたことを気づくけど、
スラれた人(もしくは、グループ)が怖くて言えなかったり、
スった人に文句を言っても、財布は、他の仲間に渡された後で、どこにあるか分からなくなったり、
エスカレータでスられて、財布だけ、仲間に渡されて追いかけられなくなったりと。

つまり、スラれた後では、どうしようもなくなる状況ですから、
スラれないように警戒しながら、警戒しているぞっという態度を見せることが大切です。

強盗

地下鉄では、強盗の話は聞きません。
ですが、乗換駅の通路で、暗く人通りが少ないときは、周囲に警戒しながら、足早に歩きましょう。



このページの上へ戻る
フランス旅行〜憧れのパリへのトップページへ戻る

旅行/地域関連サイト

沖縄ナビとは、沖縄の名物や旅行情報の掲載されているサイト。
動物園大集合 みんなで動物園に行こうとは、全国の動物園情報一覧。
海外で日本のテレビを見る方法とは、日本の民放を海外で見るノウハウ。
池袋シティガイドとは、池袋の映画館や駅マップなどの情報サイト。
首都圏の格安グルメチェーン店の住所と電話番号を検索できるサイト。



Copyright(C)2005-2014 フランス旅行〜憧れのパリへ All right reserved

パリから始まる魅惑のフランス
隠れ家カフェショッピング、世界遺産や南仏プロヴァンス地方案内
ワインと歴史溢れるフランス旅行を楽しむための総合情報サイトです。